トップページ サイトについて サイトマップ お問い合わせ
◆現在 人来訪中◆
今日 昨日

〜§サイトについて§〜
FAQ


相互リンクをしていただけないでしょうか?
答え:どうぞ。サイト名と返信してもよいメールアドレスを付け加えメールフォームよりお送りください。

路地裏美術館「Web餓鬼の眼」にリンクしてもいいですか?
答え:はい。リンクフリーです。200×60のバーナーも作りましたのでご自由にお使いください。必要であれば大きさを変えてもらってもOKです。

路地裏美術館「Web餓鬼の眼」の由来はなんですか?
答え:基本グラフィティは80%ほどは陰気な場所にあります。橋の下であったり、街から離れた小屋だったり。だから路地裏です。それが一番ピンときました。橋の下美術館だとか、街から離れた美術館、なんてのは意味がよく分からない。最近ではグラフィティがストリート・アートとして認められてきましたが、日本ではまだです。このHPを通し、もっと評価されればと日々感じているところです。Web餓鬼の眼→インターネット上から世界中のライターの動きを見るという意味を込めています。

HPのロゴを使ってもいいですか?
答え:はい。

私のサイトのロゴを貼っていただけませんか?
答え:ストリートアートのサイトであれば貼ります。

Web餓鬼の眼のサイト作成に協力したいのですが、なにかありませんか?
答え:随時大阪、奈良、三重、和歌山、滋賀、兵庫にお住まいの方で定期的に写真を撮りに行っていただける方を募集しています。報酬は出せませんが、協力していただいた方にはお名前を(本名でもペンネームでも)当HPに一生載せさせていただきます。学歴社会ではない今の時代、是非生きた証を残すのもよいかと思われます。このHPをあなたの人生のためにお役立てください。

Web餓鬼の眼の写真を私のサイトで使ってもいいですか?
答え:だめです。

路地裏美術館「Web餓鬼の眼」のパンフレットはありますか?
答え:ありません。

私の撮った写真を送ってもいいでしょうか?
答え:できれば「チビすな!」などの画像圧縮ツールにて小さくしてから送っていただけると恐縮です。

スケッチ画像やパソコンで書いた画像を送ってもいいですか?
答え:だめです。送ってもいいですが、載せることはほぼ不可能だと考えてください。よろしくお願いします。

HPサーバーを貸してください。
答え:Web餓鬼の眼はHOT・HOTWebServerのサーバーを借りて運営しております。こちらをお尋ねください。

なんでこのHPを作っているのですか?
答え:海外のグラフィティ知識を日本に広め、また日本(関西)の作品を世界に紹介するためです。

私は小学生で夏休みの自由研究としてグラフィティをやっているのですが、Web餓鬼の眼の資料を使ってもいいでしょうか?
答え:はい。一応連絡してくださいね。




〜§個人的なこと§〜

Web餓鬼の眼のようなサイトの作り方を教えてください。
答え:HP作成ツールがHPBであれば、初歩的なことなら少々。

私の町に来て写真を撮ってくれませんか?
答え:自分で撮って送っていただけると嬉しいです。

糜爛鳥とはどいう意味ですか?
答え:糜爛(びらん)とは腐る、ただれるという意味があります。しかし、それは物だけでなく、転じて国が乱れることを喩える場合にも使われます。ちょうど私がグラフィティに興味を持ったのと、大学にて「鳥インフルエンザが世界経済に及ぼす影響」についてレポートを書いていたのが重なってこの名を作りました。グラフィティが国家を脅かすことは日本では難しいかもしれませんが、海外ではギャングなども含め大きな問題となっています。色々な意味を込め、Web餓鬼の眼というサイトを通し、みなさんに世界の情報を届ける破壊する鳥(糜爛鳥)として飛んでます。気長によろしくお願いいたします。

インタビューしてもいいですか?
答え:雑誌などメディア関係の方であれば何なりとご連絡ください。それ以外の方は内容にもよりますが、ご遠慮いただいています。

どうやってグラフィティ写真を撮るのですか?
答え:YamahaJOGに乗って走り回ります。工事現場や川などのオフロードも発狂しながら前進。(そうやっていままで3回事故りましたが汗)

私のために何か書いてくれませんか?
答え:いやです。ごめんなさい

英語を日本語に翻訳してくれませんか?
答え:いやです。ヤフーだとか、エキサイトの翻訳機能をお使いください。




〜§その他§〜

アメリカやヨーロッパではもうグラフィティはやっていないとテレビでみたのですが、本当でしょうか?
答え:それはまったくの嘘です。日本でグラフィティを流行らせないための対策に過ぎません。私のHPに入ってくる情報を見ていただければ分かるように、海外(特に先進国)のグラフィティは減るよりも逆に増えている傾向に現在あります。詳しく知りたい場合は、国内のニュースより海外のニュースを読んでください。

グラフィティをもっと知るにはどうすればいいですか?
答え:出来る限りのことはサイト上に載せるよう日々努力していますが、グラフィティの本場はアメリカやヨーロッパですので、英語を理解して海外のサイトに行かれることをオススメします。最近はサイトを丸ごと翻訳してくれるソフトなどもあるそうなので頑張ってください。本なども和書より洋書のほうが詳しく研究されている物が多いですので書籍もオススメです。

作品を書くときマスクは必要ですか?
答え:はい。霧上になったスプレーペイントを吸い込むと肺を痛め、またそれを続けると脳にも悪影響です。高級なマスクを買えとは言いませんが、何か口と鼻を覆うことは健康維持のためにも非常に大切です。

グラフィティマガジンは何処で買えばよいのですか?
答え:タワーレコードやヒップホップ系のお店で売っているのをよくみかけます。お店の人に聞かれたら、だいたいの人は売っている場所を知っていますよ。ネット上で購入するならカゼマガジンがありますが、それ以外の古本でしたらヤフーオークションやebayが一番簡単でしょう。

スプレーのチップは何処で買えますか?
答え:グラフィティマガジンと同じく、ヒップホップ系のお店で売っています。後はネットショップかヤフオクでしょう。


〜◆§お問い合わせ§◆〜
路地裏美術館「Web餓鬼の眼」はIE6.0、Lunascape3で動作確認済みです。解像度1024×768推奨
Copyright 路地裏美術館「Web餓鬼の眼」 All rights reserved
※このサイトの掲載記事・グラフィティ写真等の無断転載・引用を禁じます